2014年03月28日

長い長い夢5☆

26年L&S18 722.jpg
グエル公園から見たサグラダファミリア


アントニオ・ガウディーさんは・・73歳の時(1926年6月7日)

路面電車に轢かれて亡くなってしまった


1883年から・・サグラダファミリアの建設に取り組んでいた

その完成を見る前になくなってしまったのだが・・

工事の延滞などもあり・・

未だ建設中なのです。。


26年L&S18 843.jpg


それでも内部は・・かなり進展してると・・

何度か来ている友人は言っていた。。


26年L&S18 798.jpg

なんといっても・・ステンドグラスの美しさ

このステンドグラスもきっと

季節の陽の傾き方など考えられて・・作られているのだろう

ガウディーさんの建築物の凄さは

視覚的に美しさも然ることながら・・

緻密に計算された「建築」だというところなのだと

知らされた。。


26年スペイン 348.jpg

厳かで美しく・・

教会の中にあれば・・

ため息が漏れる


26年L&S18 823.jpg






その深い意味を知ったのは・・

カサ・バトリョ


26年スペイン 276.jpg


家の真ん中に吹き抜けがあり・・

縦に並んだ窓のサイズは・・上に行くに従って小さくなり

その窓には風の通り道が付けてあり

その壁面を覆うタイルは上に行くに従って・・

濃い青いタイルになってゆく


26年L&S18 663.jpg

天井はすりガラスに覆われ・・

光が流れ・・

水は計算された・・道筋を通るようになっている

大広間は・・

26年L&S18 639.jpg

大通りに面し・・

全面を開けることができ・・

ここにも風の通り道が・・つくられており


26年L&S18 636.jpg

その取ってさえ・・

指に合わせたカーヴを描いているのだという


26年L&S18 647.jpg

この階段のカーブ

よくぞと・・思われる

26年L&S18 672.jpg


洗濯部屋に向かう廊下は・・

構造力学上にも最適なつくりであるらしく・・

視覚的にもほんとに美しい

26年L&S18 654.jpg

屋上にある・・もともと花のアーチのあった場所

モザイクで飾られ・・植木鉢にもなってる


いたく感動した・・

ガウディーさん・・

一生に一度・・

あなたに触れられて・・本当に良かった。。






「長い長い夢」は今回が最終章です
だたし・・街角ワンコとか・・風景とか・・
おびただしい写真の数・・
時々・・持ってきたいと思っています




長いこと退屈な話にお付きいただきました。。

ありがとうございました。。

また次回からは・・

す・ま・こたちが登場しますね。。

今後もよろしくお願いいたします









posted by マイマ at 02:53 | 長崎 | Comment(4) | U^ェ^U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。